韓国釜山所在のゲストハウス『ぷさんの家』です。
釜山旅行の際には是非ご宿泊くださいませ。

今日の韓国語は、韓国に来られたらよく使われることばです。

飲食店や屋台は必ず行きますよね
だからこそもう既にチェック済みと言う方の方が多いかと思いますが、
しかしもう一度チェックしてみてください。

お店に入り、注文するときに何人分と言う注文をしないと行けない時
ありますよね、「何人分?」몇인분(ミョディンブン)と聞かれたら
「一人分です。」일인분요.(イリンブンヨ)、「二人分です。」이인분요.(イインブンヨ)、
「三人分です。」삼인분요.(サミンブンヨ)と言うふうに答えたら良いですね
もちろん指で示しても分かってくれると思いますが(;一_一)
こういう時こそ実践です実践!

そして、屋台とかであれこれ食べた時には、全て合わせて幾らかと聞く時には
「いくらですか?」얼마에요?(オルマエヨ)でも、もちろんOKですが、
「計算してください。」계산해주세요.(ケサンへジュセヨ)とも言いますよね。

そして、計算してお店を離れる前に、「ごちそう様でした。」잘 먹었습니다.(チャル モゴッスムニダ)
とか「美味しかったです。」맛있었어요.(マッシッソッソヨ)とか言って出て来られると
お店の方も喜ばれるのではないでしょうか・・・

そして、수고하세요.(スゴハセヨ)という挨拶もありますが、直訳すると
「苦労してください。」なのです。
相手に直接「苦労してください。」なんて挨拶すると思ったらへんですが、
ご苦労してくださいなので、「ご苦労さまです。」と言う挨拶ことばですね。

私もそうだったのですが、こう言う挨拶が出来るようになると、
何だか韓国人と近づけた気になれるんですよね・・・(*^^)v
みなさんも是非こう言う挨拶してみてください。

そして、挨拶ことばと言うと当時私もシックリこなかった言葉があります。
「ご飯食べた?」밥을먹었어?(パブルモゴッソ)という挨拶ことばです。
この挨拶は안녕하세요.(アンニョンハセヨ)の様にいつでも使うことばでは
なく、特に心の知れた人同士や知っている人に使うのかもしれませんが
たまたまご飯時に用事があってその方の家に尋ねたりすると、
밥을먹었어?とか聞かれ素直にまだ食べていなかったので、
「いいえ。」아니요.(アニヨ)と答えると、それだったら一緒に食べたらいいと、
勧められ断れずに・・・ご飯をいただいた時がありました(-_-;)

その後韓国人同士のやり取りを見ながらこの밥을먹었어?という言葉が、
挨拶ことばなのだと理解した時があります。
韓国人は一人でご飯を食べるよりみんなで食べた方が美味しいと感じ、
美味しいものがあると一緒に食べようとする民族ですね。

戦後苦しかった時、食べる物も充分に無かった当時
相手を心配して尋ねた言葉が何よりも先に밥을먹었어?だった訳ですね。
「あなたはお腹空いてないの?」「ちゃんと食べているの?」
と相手を思い関心を持つ言葉だったわけです。

時代と共に少しずつ失われている言葉なのかもしれませんが・・・
しかし、こういう相手を思い、関心を持ってあげたりと言う韓国文化を今だからこそ
理解でき悪いものではないと思えるのですが、
当時はいろんな面で、干渉されている様に感じてストレスでしたね(^_^;)

韓国に住んでみてわかる文化の違いです。

参考にして頂けましたでしょうか?
参考になりましたらこちらをポチッ
とお願いします。
押して頂けると励みになります(^^♪

にほんブログ村 海外生活ブログ 釜山情報へ
ブログ村応援クリック気軽にポチっとお願いします★